ミュージシャンになれる確率は?

ミュージシャンになれる確率は?

ミュージシャンになれる確率は?

「将来、音楽で食べていきたい」「ミュージシャンとしてお金を稼いで生活していきたい」そんな若者は多いですよね。30代からギターを始める人でも趣味が転じてプロになってしまったって人はおられるようです。

 

夜、駅前でギター片手に歌っているような人も少なくありません。有名ミュージシャンと言われる人達の中にもこうしたストリートミュージシャンを経てメジャーデビューを果たした人達も多くいます。

 

実際に音楽を極めてミュージシャンとして生活をしていけるようになる確率は決して高いものではありません。ただ、確率が低いからといって実力があるのに諦めてしまうのももったいないですよね。確率では測れない可能性があるのもまたミュージシャンという職業であり、だからこそ夢として追いかけたくなる仕事でもあります。

 

固定給であったり、将来の保証がある仕事ではないので、まずは「これで食べていくんだ」という強い覚悟が必要です。確率云々を考えるよりもまず今自分にできることを一生懸命頑張ることが夢を叶えるための一番の近道かもしれませんね。

 

ミュージシャンとして生計をたてるというのは、想像している以上に厳しいことです。練習をするスタジオ代、楽器代に、ライブをするのであればその費用、インディーズでCDを作ろうと思えばそれにもたくさんお金がかかる・・・稼いでも稼いでも夢のためにお金は出て行くばかりという下積み生活をしている未来のミュージシャンはたくさんいますよね。

 

そんなミュージシャンのたまごたちの稼ぎといえばもっぱらアルバイト。ひとつのアルバイトだけでは生活が成り立たず、ふたつみっつと掛け持ちしている人も少なくありません。

 

日中のレギュラーアルバイトに加え、夜もうひとつアルバイトをしているのは当たり前、さらに空いた時間に単発のアルバイトを入れて・・・その合間をぬって練習し、ライブ活動をするという生活は本当にハードです。

 

まずは生活するためのアルバイト、という認識が高いからでしょうか?どちらにせよ仕事を掛け持ちするのはけして楽な話ではありません。バイトの掛け持ちで体を壊してしまうことがないように、健康管理には十分注意して頑張って欲しいものですね。


ホーム RSS購読 サイトマップ