ギターの保管方法に注意!

ギターの保管方法に注意!

ギターの保管方法に注意!

アコースティックギターをしばらく弾かない・・・そんなときは保管場所や保管方法に注意したいものです。しばらく弾けないからと大切にケースにしまっておくという人もいるかと思いますが、アコースティックギターの保管には湿度の管理が大きなポイントになります。ギターケースの中が高温多湿になってしまわないように注意が必要です。

 

アコースティックギターの保管方法のポイントとしてはなるべく温度の変化の少ない部屋を選びましょう。温度の変化が大きいとチューニングもすぐ変わってしまいますし、ギター自体にもよくありません。高級なギターの製造工場は常に22℃、湿度50%ほどにキープされています。家庭でこうした環境をキープするのは大変なことですが、これくらいの湿度や温度の環境で保管するのがアコースティックギターにとっては適しているということを知っておくことも大切です。

 

保管方法を間違ってしまうと、大切なアコースティックギターを台無しにしてしまうことにつながります。湿度調整剤などを使用するなどして、湿度が高くなりすぎないように注意しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ